わだ小児科クリニックのトップページへ
わだ小児科クリニック:院長からのごあいさつ わだ小児科クリニック:診察時間と休診カレンダー
わだ小児科クリニック:クリニック通信 わだ小児科クリニック:院内案内
わだ小児科クリニック:病気について わだ小児科クリニック:交通アクセス
わだ小児科クリニック:問い合わせ わだ小児科クリニック:リンク集
わだ小児科クリニックへのお電話でのお問い合わせは 078-747-3150 まで
病児保育キッズケアぞうさんルーム
病児保育キッズケアぞうさんルーム
・利用登録票(乳幼児一時預かり事業)・利用申請書(乳幼児一時預かり事業)・家庭との連絡票・与薬依頼書・同意書・除去食依頼書
わだ小児科クリニック:クリニック通信

お知らせ

伝染性紅斑(リンゴ病)の話

伝染性紅斑は、リンゴ病という俗称で呼ばれていて、

幼児から学童期によく発症しますが、

成人にもみられることがあります。

小児では紅斑以外の症状は目立ちませんが、

成人では発熱や関節痛などの症状が出ることもあります。

また、血液疾患や免疫不全の患者、妊婦などには

重度の合併症を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

 

2011/8
病児保育室「キッズケアぞうさんルーム」 保育士募集のお知らせ

 わだ小児科クリニックでは、保育士の募集をしています。

201107
 子宮頚癌予防ワクチンの新規接種が再開されることになりました。

平成23年1月から、子宮頚癌予防ワクチンの助成による

無料接種が中学1年生〜高校1年生相当の女児に対して

始まっていました。

その後、ワクチンの供給不足から3月より

新規接種が中止されていましたが、

この度7月から全ての対象者への接種が

再開されることになりました。

2011/06
 期間が外れて以前接種出来なかった日本脳炎定期接種が出来るようになりました。

平成17年から21年にかけて旧日本脳炎ワクチンは

積極的な勧奨が中止されたため、

この間に接種出来なかった小児が

まだ多数残っています。

平成22年から新日本脳炎ワクチンによる

未接種者に対する救済措置が始まって

いましたが、今回その対象者の範囲が更に

拡大されることになりました。

2011/05
生肉による病原性大腸菌感染に注意しましょう

 生の牛肉料理を食べた後に病原性大腸菌感染、

特に腸管出血性大腸菌感染になり、

溶血性尿毒症症候群や急性脳症を発症し

死亡する報告が日本中を驚かせています。

原因は肉に付着していた腸管出血性大腸菌と

考えられていますので、

抵抗力の弱い小児は生肉を食べるのは

やめる方がよいでしょう。

2011/04
平成23年4月1日より小児用肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンの接種が再開されました

 小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンに

関しては、同時接種後の死亡事故が報告された

ため3月4日以降一時中止されていました。

3月24日専門家の会議で因果関係が

はっきりせず安全性上の懸念がないと

判断されたことを受け、厚生労働省は

4月1日から両ワクチンの接種を再開すると

決定しました。

Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17


ホーム | このページのトップへ

ごあいさつ | 診療時間・カレンダー | クリニック通信 | 院内案内 | 病気について | 交通アクセス
予約システムの説明 | 問い合わせ | リンク集
Copyright(C) 2004 Wada-ped.jp All Rights Reserved.
わだ小児科クリニックのTOPトップページへ